<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
南ア・ワールドカップ その3
日本は敗れた。
しかも、PK戦で。
なんともすっきりしないが、
120分の中で点を取れる要素が無いに等しかったのだから、仕方がない。
実際試合を見ていても、パラグアイの方が強かったし。

PKを外した駒野。
これは結果論ではなく、リアルタイムで思っていたことだが、蹴る前から外すと予感していた。
120分の中で、ミスが目立った駒野。
彼が3番手で蹴るとわかった瞬間、凄く嫌な予感がしたのだ。

そして、その予感は的中した。

駒野を責めるつもりは、毛頭ない。
選手ではなく、キッカーを決めた人間が悪い。

見ていた感じでは、試合開始前からPKのキッカーは決まっていたように見えた。
でも、それはおかしいだろうと思う。
人は日によって、良かったり悪かったりするものだからだ。

120分の中で悪いところばかり目立った駒野に、なぜ蹴らせたのか?
臨機応変に対応出来なかった指揮官の責任である。

だから、試合後の岡田監督の言葉にはホッとした。
自分の責任だと言ってくれて良かった。
駒野もチームも日本国民も救われたと思う。

こういう人が上司だったら、下の者は救われる。
うちの会社の上司どもに言ってやりたい。笑
[PR]
by triple-c | 2010-06-30 22:14 | スポーツ全般
南ア・ワールドカップ その2
遅くなったが、日本代表おめでとう。

散々迷走した挙句の本田頼みで、当初はどうなることかと思ったが、結果が良ければ全て良し。
早起きして見た甲斐があった。

フランス大会の頃から、ずっと得点力不足に泣いてきた日本。
ドイツ大会を除けば、守備はそれなりに機能していたと思う。
だが、いつも点が取れなかった。

本田圭佑。
この男1人で、予選リーグでの4得点を奪った。
私はそう思っている。

もちろん、他の選手がいてこその部分もあるが、得点する前までの段階はこれまでも作れていたはずだ。
その先が出来なかった日本を、本田が救った。

デンマーク戦、先取点となった本田のFKがなければ、遠藤のFKは決まっただろうか?
そして、3点目の岡崎のゴールに関しては、言わずもがなである。

次は、地味ながらもブラジル・アルゼンチンと同等の力を持つパラグアイ。
期待しすぎずに、期待したいと思う。

昨夜、韓国が負けてくれた。
今回は、日本の方が上にいく番だ。

次も勝とう。
[PR]
by triple-c | 2010-06-27 11:17 | スポーツ全般
南アフリカワールドカップ
前回のドイツ大会では、毎日記事を書いていた。
かなり無理やりに。笑
でも、優勝がイタリアだと予想していたりもした。

今回は、ブログの更新頻度がこんな有様だから、これが最初の記事。


今更だが、優勝予想はアルゼンチン。
メッシがどうのこうのとかじゃなしに、マラドーナの強運にかなう奴はいないだろうというのが根拠。
選手でも監督でもWCで優勝というのは、過去に例があるのかな?
調べてないからわからないけど、多くはないだろう。
そういったことを成し遂げられる星の下に、マラドーナは生まれていると思う。
だから、アルゼンチンが優勝する!?

日本がカメルーンに勝ったのにはびっくり。
今までカメルーンに負けたことないとか言われても、肝心なところで初黒星を喫するのが日本だろうとか思ってた。
だが、相手のショボさにも助けられて、勝ててよかった。
今日はオランダ戦。
まあ、期待はせずに応援しよう。


とりあえず、今回はこの辺で。
[PR]
by triple-c | 2010-06-19 10:39 | スポーツ全般