MAXと亀田
昨日の二元中継を見た。


MAXは、やはり小粒な感が否めなかった。
長島はが全試合KOで優勝というが、組み合わせや運に恵まれた感が強い。
フィジカルが強くないので、世界に通用するとは思えないし、実際に通用していない。

佐藤はそれなりに強いが、華がない。
やはり、魔裟斗のいないMAXは、魅力が著しく減った。
試合は面白い。
でも、それだけじゃ、地上派コンテンツとして弱いだろう。

当たり前のことだが、時代はそう簡単に作れるものではない。


亀田は、バッティングも含めて相手のうまさにやられた感がある。
昨日の時点で、間違いなくポンサクの方が強くてうまかった。
それだけのことである。

だからこそ、試合後の興毅は黙って四方に頭を下げた。
自分のふがいなさを、しっかり受け止めていた。
馬鹿ばかりの亀田家の中で、やはり、こいつだけは嫌いになれない。

それに比べて、あの馬鹿親父は、いったい何をほざいているのか?
大毅がゴネ得で世界王者になったから、またゴネてみたのか?
もう、本当に勘弁してくれ。

3兄弟を世に送り出した時点で、親父の仕事は終わり。
でしゃばらなくてもそれなりに稼げるんだから、おとなしく家事でもしててくれ。


個人的には、興毅の人間的な素晴らしさが、馬鹿親父のせいで世間に伝わらないのが悲しい。
[PR]
by triple-c | 2010-03-28 11:35 | 格闘技
<< 4/18はザマーミロの日 勝村の戴冠に想う >>