バンクーバーあれこれ
色々な話題があったバンクーバー五輪も、ほぼ終わり。
モーグルと国母は個別に記事を書いたので、他のことをチョロチョロと。


まずは、フィギュア。
男子は高橋がメダルを取れてよかった。
織田はもともと好きじゃないし、「何やってんだバ~カ!」って感じだった。

そして、女子。
SP・フリーともに、会社のトイレで踏ん張ってるフリをしながら、ワンセグでリアルタイム観戦。

SP、浅田真央の滑りに「ヨシ!」と思ったのも束の間、キムヨナの滑りに打ちのめされた。
一番期待していた安藤美姫は、失敗もあったが頑張ったと思う。

フリー。
浅田の逆転金メダルと安藤の逆転銅メダルを期待していたが、現実は厳しかった。
キムヨナの滑りが終わった時、どう考えても浅田の逆転は考えられなかった。
そのくらい、キムヨナは凄かった。

浅田の悔し涙は、とても切なかった。
自己ベストを出したのに、相手は遥かに先を行っていた。
見ていただけの私も、悔しくて切なかった。


面白かったのは、なんといってもカーリング。
英国戦でカーリングの魅力に魅了された。
機会があったら、生で見てみたい。

あとは、滑降とか大回転のスピード感にあつくなったり、
高木は今回はこれで仕方ないのかな?と思ったり、
アイスダンスの美女に魅了されたり…


まだ終わってないけど、個人的には、こんな感じのバンクーバー五輪だったかな?
[PR]
by triple-c | 2010-02-28 12:33 | スポーツ全般
<< 青木へ 国母問題 >>